リクエスト詩…「葬られぬ永遠の黒薔薇」

勝手に儚い蝶になった

君の匣はまだここにある



一年中の黒薔薇をあげよう

鍵は蔓がしっかり閉めるから

棘が皮膚を貫き

純粋なその血を流しても

黒薔薇は赤には染まらない



君は目を閉じたままでも

心はあくまで僕の中にある



螺旋を描くように開く

小さな蕾の中に沈めよう

憎しみも恨みも

君に届かずに散ろうと

黒薔薇は枯れることはない



僕しか知らぬ秘密の部屋を

特別に教えてあげよう

鍵穴は壊して

腐って灰になりゆくまで

君と幽閉されていたい



溺れるほどの黒薔薇の中










この作品は、タイトルの通り初のリクエスト作品でした。

黒薔薇卿歓楽館でいつも詩を読んでくださる方から、私の名前でもある「黒薔薇」について書いてほしい、とのことでした。


初のリクエストもあって、非常に張り切って創作を。(笑)



とにかく黒薔薇の意味を調べたりして、

黒薔薇の王道的な内容にしました。

2つくらい没があったりしてとても練っていたのを覚えています。


おかげで、私のすべての詩の中でも完璧な詩だと思っています。




写真もなかなかよろしいでしょ?

病んだ感じや、詩にもある黒薔薇の不滅の強さを表せたと思います。






初公開:2016年5月18日

0コメント

  • 1000 / 1000