詩…「脳内妄想エクスタシィ」

夢を掴むには小さすぎる手が

僕を夢の中に閉じ込めてしまった



私は言う

私には愛することと夢見ることしかできない

だから貴方は必要

でもほら

目の前にいるのに触れられないでしょ

溺れてしまう前に貴方を遮っておいたの



もう好きだと言えど 抱きしめてと言えど

届くのは願いばかり ああどうにかして君に触れよう

ならば君を閉じ込めてしまおう










初めて公開した際の解説によりますと、少年→少女→少年の順番。

少女は妄想癖がある子です。


初めは少女のほうが狂ってるように見えつつ、少年のほうも狂っていたという。


で、ここからは2017年の私の考察ですが(当時はそこまで考えてなかった)。

少女はタイトルのように妄想癖があるので、"(少年を)夢の中に閉じ込めてしまった"や、"貴方を遮っておいたの"という部分は、妄想だけで実行されていないものと思われます。

実際に行われたのは、少年が少女を閉じ込めたほう。



だから妄想に留まる分、まだ少女は可愛いもんです。

寧ろその妄想を実行してしまったのが、少年であり。

鏡のような愛の物語。




写真は"閉じ込めた"に連想して鎖です。

鎖から滴る血もあくまでイメージとしてなので、たぶん手荒なことはしていない。






初公開:2015年8月5日
詩過去作集「狂愛」収録

0コメント

  • 1000 / 1000